スポンサーリンク

元マネーコンサルタントんエスどす。

借銭返済のためのキャッシングは自転車操業になりかねないからNGです

キャッシングは、

他ん金融商品とは

違って審査に

通りだけすれば

 

近所ん

提携ATMから

すぐに現金を

引き出すことが

可能どす。

 

そんため、

すぐに現金を

こしらえせんと

いけへん場合には、

 

消費者金融ん

キャッシングは

えらい

利用しやすく

なっています。

 

また、

他社へん払いが

間に合いまへん時

かて一時的に、

 

消費者金融ん

キャッシング

利用しいや、

 

借銭返済を

行っとる方も

おるようどす。

 

 

あたり前、

こら先程も

書きたんやが、

 

キャッシングを

利用しはるためには

審査に通る事が

絶対条件

なってます。

 

たや、消費者金融ん

キャッシングは

おんなじお金を借る事が

可能な銀行カードローン

よりも

審査が柔軟に

なっていますさかい、

 

現在ん属性や

信用情報に

問題があらへん方で

あれば

審査に通過出来はる

可能性が

高いと思われます。

 

しかしかて、

消費者金融ん

キャッシングを

他社ん借銭返済んために

行う事は、

 

今後わて自身が

エライ目にあう可能性が

あるため用心が必要どす。

 

借入がある場合でもキャッシング審査は通るのですが…

 

消費者金融ん

キャッシング審査ほな、

 

他社借入件数や

借入金額が

重要になってまっけど、

 

現在ん借入金額が

年収ん1/3以下で話、

かわるけど

かつ他社借入件数が

2件以下であれば、

 

新たなキャッシング

審査に通過しはる事は

可能となっています。

 

たや、こん場合も

最初に借り入れ可能な

限度額は低めに

設定される

可能性があり、

 

総量規制とん

兼ね合いに

なってまっけど、

 

10万円~30万円

前後になる

可能性が

高いと

思われます。

 

しかしかて、

こん利用限度額は

毎月ん利用、

 

返済実績に応じて

増額される

可能性が

スポンサーリンク

ありますさかい、

 

最終的には

1社あたりん

利用限度額が

100万円に

達しいやしまう

可能性は

十分にあります。

 

また、1社あたりん

希望利用限度額が

低い場合には、

 

複数ん消費者金融から

借入を

行っとる方もおり、

 

先程も説明したんやが

現在ん抱えとる

債務ん返済んため、

 

別ん消費者金融から

更なってる

借入を行う

ケースも

あるようどす。

 

ほんで、現在複数ん

消費者金融から

借入を行っていても、

 

借入件数が

あんまり

ぎょうさんなく

借入金額も

総量規制ん

範囲内であれば、

 

キャッシング審査に

通過しはる可能性が

あるため、

 

結果複数ん借入先へん

返済んために

別ん借入先で

借り入れを起こす

=多重債務ん

危険性が

高まって

しまうのどす。

さらに、

今まで利用限度額が

少額やったモンが、

 

限度額ん

増額により

限度額が

ぎょうさん

なってしまうと、

 

人間ん心理としいや

なんやか

気持ちが

大きくなって

しまいます。

 

そん結果、

限度額

30万円ん時には

30万円

借ぶちこむんに

抵抗を

感じとったはずか、

 

限度額が

50万円に

アップしはると、

 

今度は30万円借る事に

抵抗を感じなくなる

可能性がありますさかい

用心が必要どす。

 

そんため、

キャッシングを

利用しはる場合には、

 

あらかじめきちんと

利用計画を立ててから

利用しはるように

しいやおくれやす。

 

ここまで読んでくやさり、

本当に、本当におおきに!

スポンサーリンク