スポンサーリンク

 

 

 

 

 

日本の祝日の一つとしてあるのが勤労感謝の日ですが、

 

学生の方は、まだ働いていませんね。

 

 

それでも休日になるのでしょうか。

 

 

そもそも勤労感謝の日とは何の日なのか、

 

知らない方も少なくないと思います。

 

 

今回は、勤労感謝日について詳しく

 

解説していきたいと思います。

 

 

ぜひご覧になってください。

 

 

 

勤労感謝の日は学生もお休みがほとんど!
理由は国民の休日だから!

 

 

勤労感謝の日という名前からもわかるように、

 

勤労している方への感謝の日という祝日です。

 

 

学生の方は、まだ働いてない方がほとんどです。

 

 

働いているといっても、アルバイトレベルで、

 

正式に働いている方、正社員になっている方は、

 

圧倒的に少ないです。

 

 

実際に、勤労感謝の日は休みなのかというと、

 

学生の方も、お休みになります。

 

 

勤労感謝の日は、その意味にかかわらず

 

日本の祝日、休日として制定されています。

 

 

働いている、いないは関係なしに、休みになります。

 

 

自分はまだ働いていないからと、学校に行く必要は

 

ありませんので、学生の方もゆっくり休養を取ってください。

 

 

 

勤労感謝の日に仕事が休みの人、
そうでない人!
勤労感謝の本当の意味!

 

 

勤労感謝の日に、仕事が休みでない方も

スポンサーリンク

 

少なくないと思います。

 

 

忙しい仕事の方や休みが不定期の方は、

 

特に休めない方が多いです。

 

 

これは勤労感謝の日の意味に反してはいません。

 

 

どういうことかというと、勤労感謝の日は、

 

働いている方へ、「お疲れ様、今日は休んでいいですよ」

 

という意味ではありません。

 

 

自分の仕事の大切さを再認識して、

 

よく働き、みんなが仕事で生み出したものを、

 

喜び合うという祝日です。

 

 

意味的にいうと、むしろ働きましょうという意味になってしまい、

 

なんかちょっと損した気分になりますね。

 

 

祝日の方は、もちろんゆっくり休まれるといいと思います。

 

 

勤労感謝の日は、昔の「収穫祭」が名前を変えた祝日です。

 

 

この時に、天皇が収穫したものを、祈祷するという

 

行事も併せ持っていました。

 

 

戦後、GHQが日本に来た際に、

 

国民から、「天皇」という、ある種狂信的な思想を

 

排除しようという動きがありました。

 

 

これによって、天皇にかかわる祝日は、

 

それぞれ名前や意味を変えられたというわけです。

 

 

勤労感謝の日にも、日本の歴史が関わっているとは

 

驚きです。

 

 

まとめ

 

 

勤労感謝の日は、祝日ではありますが、

 

本来の意味とは違った意味になっていました。

 

 

収穫祭と結びつけるのは難しいと思いますが、

 

働いている人のための祝日であることには

 

間違いありませんので、

 

 

大切な祝日として、覚えておきましょう。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク