スポンサーリンク

 

 

 

定番のクリスマスツリーなどもいいですが、

工夫次第でクリスマスにぴったりな装飾になる松ぼっくり。

飾りの仕方で全然見栄えが変わってくるんですよね。

 

そんな松ぼっくりですが、

トナカイやリースなんかも作ることができるんです。

 

今回はそんな松ぼっくり飾りの作り方について、

詳しく解説していきたいと思います。

ぜひご覧になってください。

 

松ぼっくりを可愛くアレンジ!トナカイを作ってみてもOK!

松ぼっくりを使ったクリスマスの飾り付けは

いろんなバリエーションがありますが、

その中でも特徴的なものの一つがトナカイですね。

 

松ぼっくりを上手に使うとトナカイを作ることができるんです。

しかもそこまで難しくないんですよ。

 

モールや木の枝でトナカイの角の部分を作って、

目のシールと赤い花をつければ完成です。

とっても簡単ですよね。

 

全部の材料が百均で揃いますので、

松ぼっくりさえあれば簡単に作れます。

 

松ぼっくりの色は基本茶色なので、

特別に塗装しなくてもトナカイの色をしてくれています。

ですので、トナカイを作るのに松ぼっくりは適しているんです。

 

自分好みにするために色んな塗装をしてみても面白いと思います。

基本のトナカイはすぐに作れますので、

そこからのアレンジも楽しいのが松ぼっくりで作るトナカイのいいところですね。

 

ぜひ作ってみてください。

 

松ぼっくり飾りを手作り!
リースには飾りをいっぱいつけるととても雰囲気が出る!

松ぼっくりでリースを作ってみてもとっても華やかになります。

スポンサーリンク

 

松ぼっくり自体がそこまで大きくないので、

いろんなものに加工しやすいのが使いやすいポイントでもありますね。

 

ただそのまま松ぼっくりを使ってしまうと

色が地味なリースが出来上がってしまいます。

 

ですので、松ぼっくり自体の色をスプレーで緑などに色付けしたり、

ラメがはいっているような塗装をしても可愛くなりますね。

 

また、リースを作るときは統一感があった方がきれいに見えますので、

リースに使う松ぼっくりのデザインは一緒の方がいいです。

 

これに気を付けるだけで、

自分だけのおしゃれなリースを作ることができます。

 

松ぼっくりの量がある程度必要になるくらいであとはアレンジするだけですので、

ぜひ作ってクリスマスに飾りましょう。

 

まとめ

松ぼっくりはそのままだと色が地味ですが、

トナカイにしたり塗装してリースにすると

とてもおしゃれな飾り付けになります。

 

塗装などの道具もすべて百均に売っているレベルのものでできますので、

ぜひ自分だけの松ぼっくりの飾り付けを作ってみてください。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

▼▼▼こちらの記事もおススメ▼▼▼

松ぼっくりツリータワーの作り方!たくさんの松ぼっくりで大きく作ろう♪

松ぼっくりツリー、完成後はペットボトルに入れるとなかなかオシャレ!

スポンサーリンク