スポンサーリンク

洗車のタイミングは週に1回?

それとも月に1回ですか?

 

 

洗車頻度は持ち主の性格が表れますよね。

 

好きな人は週に3回もしたりします。

 

昨年9月に新古車を買ったので、

洗車頻度について知ったことをご紹介します。

 

 

買ったばかり車はきれいにしておきたいですもんね。

 

私事ですが、

前の車の洗車は月1回ペースでした。

 

 

理由は、2つです。

 

  • 精神的に負担だから!
  • 車が汚いままは嫌で、許せる範囲が月1でした。

 

 

他の方の洗車頻度、気になりませんか?

 

 

クルマ情報サイトカーミューズさんの

データを引用させてもらうと、

月に1度洗車する方は、24%つまり4人に1人です。

2か月に1度が16%、2~3週間に1度13%です。

 

平均をすると私みたいに1度って方が多いです。

 

結局のところ、洗車のタイミングや頻度で一番いいのは、

汚れたら洗車をする

なおかつ、

月に1度

です。

 

そうすることで、

車の価値を落とさなくなります。

 

 

汚れというのは、

鳥のフン、虫の体液、雨、泥土などです。

 

これらが表面で乾いてしまい、

塗装を侵食していきます。

 

早めの洗車がおすすめです。

 

 

月に1度、というのは、

過度な洗車は塗装を傷つけることになるからです。

 

 

どんなに丁寧に磨いても少なからず

傷がついてしまします。

 

そして、洗車後の拭き残しにより、

染みができる可能性があります。

 

ガラスコーティングなどで、

守ってくれるので過度にする必要はないです。

 

 

汚れの種類別の正しい洗車方法を知ろう!!

スポンサーリンク

 

汚れのタイプをまとめています。

 

いずれも汚れたらすぐに洗うのがポイントです。

 

洗車頻度を判断しやすいので、

参考にしていただければ幸いです。

 

  • 酸性雨
  • 水染み
  • 大気中の金属粉、花粉
  • 鳥、糞、虫
  • 泥土

 

などがあります。

 

それぞれ個別に見ていきましょう。

 

酸性雨

 

学校の授業でも習いましたよね。

 

化石燃料の燃焼が酸性雨の原因です。

 

硫黄・窒素酸化物が

水や紫外線と反応して強酸が生成されます。

 

それらが雲に取り入れられることで酸性雨が生じます。

 

降られてすぐは車体に損害はないのですが、

放置をすると蒸発により強い酸になります。

 

金属を溶かしちゃうのですよね・・・・泣

 

 

酸性雨の降り始めが最もPHが低く3です。

レモン果汁とほぼ同程度のPHです。

 

これにより塗装にダメージを与えている

車が結構います。

 

特に紺黒系車の方は、

小さい傷が入ったよう見えるので要注意です。

 

解決策

 

雨のあとは水でしっかり洗い流します。

水を流す方向にス沿ってスポンジ動かしましょう。

 

水が潤滑剤になり傷がつきにくいです。

傷をつけたくない方は、

マイクロファイバークロスでふき取りましょう。

 

 

水染み

 

雨などの水滴を放置すると、

車体に白い跡がついている!!

 

なんでって?

思ったことがあるんじゃないでしょうか。

 

 

水がレンズの役割をし、

太陽光が1か所を強く照らします。

 

車体が焼き付けられることにより塗装が色あせるのです。

 

これも特に黒紺系方はご注意を!

水玉の白いあとができます。

 

目立っちゃうのですね。

 

 

洗車では基本とれません。

特にできやすいかボンネットと車の屋根です。

スポンサーリンク

 

解決策

 

原因が雨や拭き残しです。

 

車体に水分が残らないように拭いて下さいね。

洗車のポイントは、

洗うより実は最後の拭き掃除が大事です。

 

 

大気中の金属粉や花粉やPM5や黄砂

 

工場や鉄道施設、製鉄所などでは、

微細な粒子ですが漂っています。

 

車の塗装にダメージを蓄積していきます。

 

車体に付着しており、

水で洗い流さず磨くと傷ができます。

 

せっかくきれいに洗車しようとしているのに・・・・!!

 

逆効果だったりするのです。

 

解決策

 

定期的な洗車をします。

 

車体に付着した、

見えない粒子を取り除きます。

 

水で表面をよく流しましょう。

 

 

鳥の糞や虫の死骸

 

私は田舎暮らしなので、

夏場は特に大きな虫とぶつかります。

 

音も大きいので相当に

ダメージがあると推察できるのですが。

 

案の定、虫の死骸の跡がこびりついています。

 

これがなかなかとれないのですよね・・・

 

解決策

 

水洗いで取り除かない場合は、

お湯を使ってふやかしましょう。

 

 

泥土

 

これは一番身近ですかね。

 

雨天時運転や砂利道などを走ると

汚れになりますよね。

 

解決策

 

放っておかずにすぐ洗車をしましょう。

 

汚れをまず水できれいに流しましょう。

 

スポンジでごしごしすると

泥土で傷がつきやすいので注意です。

 

 

洗車には不向きなタイミング!?意外すぎるNGな天気とは?

 

真夏の太陽の下はNG

 

えっ!!と思われましたか?

 

 

私もそうでした。

 

ウォータースポットと同じメカニズムです。

 

洗車中に水が高温により蒸発します。

そして水の跡がついちゃいます。

 

せっかく洗ったのに・・・ってなっちゃいます。

 

風が強い日もダメ

 

金属粉や花粉、砂埃などが飛んできて

空拭きの時に傷がつきます。

 

結果的にきれいになりにくいです。

 

風のない曇りがベストです。

 

いきなりこするのもNG

 

まずは水で汚れを洗い流してくださいね。

 

 

まとめ

 

汚れた時に水洗いまたはシャンプーで洗車をしましょう。

 

その際には注意点を守りましょう。

 

  • 過度な洗車は塗装を傷つけることになります。
  • 私としては月に1度がお勧めです。

 

小さい傷より、汚れが気になるって方は

部分的に週1で洗車をしたり、

月2回したりするでしょう。

 

もちろん最終的には、

あなたの好みになってきます。

 

 

これらを知っているか否かでは

違いが大きいでしょう。

 

あなたと車に合った

洗車ライフ一助となれば幸いです。

 

 

最後まで読んでくださり、

ありがとうございました。

スポンサーリンク