スポンサーリンク

 

生活必需品である家電製品。

 

 

その中でもテレビは必要不可欠なものの一つです。

 

 

テレビは買うのも大変ですが、

 

使い終わった後も大変です。

 

 

テレビは粗大ごみとして捨てなくてはいけませんが、

 

捨てるだけでもお金がかかってしまいます。

 

 

そこでもう一つの処理方法がリサイクルです。

 

 

リサイクル方法はお店によって違いますので、

 

今回はリサイクルの申し込み方法について

 

紹介していきたいと思います。

 

 

 

テレビを購入したら不要テレビはリサイクル?ジョーシンの場合はどうなるのかリサーチ。

 

 

不要になったテレビの場合はどうすればいいか。

 

 

というときに便利なのがジョーシンなどの

 

リサイクルショップです。

 

 

物にもよりますが、お金を払うことで

 

リサイクルを行ってくれますので、処理の困っている

 

家電があればこのサービスを使うのがいいと思います。

 

 

まずリサイクルをしてもらうには大きく分けて

 

二通りのやり方があります。

 

 

店頭で直接審査してもらう方法と自宅まで

 

来てもらう配達サービスです。

 

 

大型のテレビになればなるほど自分で運んで

 

審査してもらうのは困難です。

 

 

ですので、無理せずに自宅まで引き取りに来てもらう

 

サービスを使うのがいいと思います。

 

 

引き取り料金については小型家電やパソコンであれば

 

0円、中型家電なら540円から1080円、

スポンサーリンク

 

大型家電であれば4320円の金額がかかります。

 

 

テレビであれば大きさによって小型家電か

 

中型家電のどちらかの枠に入ると思いますので、

 

審査してもらうのが一番早いかもしれませんね。

 

 

 

メーカーによっても違ってくる?サンヨーテレビのリサイクル料金をリサーチ。

 

 

ジョーシンは家電のサイズによって

 

だいたいの区分けがされていました。

 

 

小型のものやパソコンであれば無料で

 

引き取ってもらえるのは嬉しいですね。

 

 

ですが、これもリサイクルショップによって

 

変わってきます。

 

 

別メーカーのサンヨーテレビであれば、

液晶テレビの方によって1500円程度のものもあれば3000円ほどになるものもあります。

 

 

ブラウン管テレビでも区分がありますので、

 

古いテレビでも審査してもらうことができます。

 

自分の家にあるテレビの方などの詳しい情報を電話等で

 

伝えてだいたいの見積もりを立てるのも

 

いいかもしれませんね。

 

 

ほかにもたくさんにリサイクルショップがありますので、

自分がリサイクルするのに適した場所を探してから

 

リサイクルに出す方がいいかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

 

 

リサイクルショップと一言にいっても

 

種類がたくさんあります。

 

 

地元にリサイクルショップが少なく

 

選択肢がないという場合には仕方ありませんが、

 

そうでない場合にはリサイクルにかかる金額やサービスを比較、

自分に合ったリサイクルを選びましょう。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク