スポンサーリンク

大好きな彼からふとした時に出る女性の話。

何でもないって分かっているけどモヤモヤする・・・

 

「私の事本当に好きなのかな?」

 

不安な気持ちでいっぱいなのに、口から出るのは、

「じゃああの女の子の所にいけばいいじゃん!」

と、トゲのある言葉ばかり。

 

彼の仕事が忙しいみたいでなかなか会えず、構ってもらえない。

 

寂しい。今すぐ会いたい。

 

それなのに、その思いが言葉になると

 

「私より仕事の方が大事なんでしょ!」

 

彼はもちろん不機嫌。

 

喧嘩して、別れそうになって、話し合って。

最近なんだかその繰り返しばかり。

 

どうしていつもこうなんだろう・・・

 

あなたもこんな経験ありませんか?

 

 

恋愛中にヤキモチを焼いてしまうのは

大好きなんだから当たり前の事。

 

でもその気持ち、空回りせずに伝えたいですよね。

 

ヤキモチを伝えるのに最大のポイントは、

正直に妬いてしまった気持ちを

「かわいく」「愛らしく」伝える事です。

 

彼ともっと良い関係になれるように、

上手なヤキモチの伝え方をマスターしましょう!

 

 

感情的になってない?恋愛でありがちな嫉妬を可愛く伝えるコツ!

スポンサーリンク

 

彼とのデート中にかかってきた1本の電話。

私は気にせず「出ていいよ~」と言いました。

 

「ごめん」と電話に出た彼。

 

なんだか楽しそう・・・仕事の人ではないみたい。

 

友達かな?電話越しからうっすら聞こえた高い声・・・

もしかして、、、女の子???

 

1分前まで大人の余裕を出していた私、

すかして景色見てるフリしてますが超絶焦ってます。

 

え、なんであんなに笑顔?

私とさっき話してたよりも全然楽しそう!

 

なにこれ、嘘だよね!?

もしかして今日私、振られる!?

 

 

脳内大パニックで様々な想像が飛び交う中、

彼の電話が終わりました。

 

私はとりあえず大激怒。

 

「彼女がいるのに女の子の電話なんて出ないでしょ普通!

バカなの!?」

 

焦りを隠したいあまり出てくる怒りの言葉。

 

彼は「はぁ?」とため息。

 

そんな彼をよそに不安な気持ちを打破するべく、

次は言われる前に言ってやろう作戦に出ます。

 

「そんなに他の女の子との電話が楽しいの!?

もういいよ、別れよう!」

 

頭の中は真っ白。

 

自分がどうして怒っているのかもわかりません。

 

 

そして言われたのが、

 

「別れたいなら別れるけど、

電話は弟だし、勘違いしすぎじゃないの?」

 

ハッとした頃にはもう手遅れ。

 

目の前には、全く悪い事をしていないのに

濡れ衣を着せられた挙げ句、罵声まで浴びせられ、

誰がどう見てもかなり不機嫌な彼の姿が。

 

このあとのデートがどうだったか・・・

言うまでもありません。

 

 

これは正真正銘私の過去の実話なのですが、

こんな喧嘩、カップルのあるあるですよね。

 

この文章を読んで分かる通り、

私だって最初は怒っていないのです。

 

ただ、不安なだけだったのです。

 

 

ヤキモチに付いてくる感情は、

初めは怒りではありません。

 

あなたが彼にヤキモチを焼いたとき、

最初に出た感情はなんですか?

 

「悲しい」「不安」「寂しい」

 

そんな感情ではないですか?

 

 

そう、この第一感情こそが、

一番伝えるべき想いなのです。

 

  • 「他の子と話してて悲しかった」
  • 「会えないから不安になった」
  • 「構ってくれないから寂しかった」

 

彼に伝える気持ちはこれだけで十分。

 

そこに自信のなさから付け加えてしまう

「怒り」や「妬み」の感情こそが、

ヤキモチを「過度な嫉妬」にしているのです。

 

 

大前提として、彼の彼女はあなた。

彼が一番好きなのもあなた。

 

「私が一番大事にされている」

「彼は私の事を一番思ってくれている」

 

これをそもそもの考えの地盤にする事で、

些細な事では不安にもなりません。

 

それでもヤキモチを焼いてしまう時は、

気持ちを確かめるという意味で、

 

「あんまり他の子と話すから妬いちゃったなぁ。

でも〇〇が好きなのは私だもんね?」

 

と、甘えながら聞いたりするのがベストです。

 

 

男性は、基本的に嫉妬が苦手です。

 

自分にやましい事が無い限りは、

頻繁にヤキモチを焼かれても正直面倒。

 

心配になる気持ちはわかりますが、

彼だってあんまり言われると

 

「俺の事、信用してくれてないのかな」

 

と、あなたに不信感を抱くようになってしまいます。

 

 

あくまでも、「あなたの事を信用しているけれど、

スポンサーリンク

不安になったから聞いちゃった。でも安心した」

 

と、ここまで伝えてあげれば同じヤキモチでも可愛いし、

愛情を感じますよね。

 

ついつい感情的になってしまいがちですが、

怒ったり、怒鳴ったりせずに

優しい口調で話すように心がけましょう。

 

ぶすっとふてくされるよりも

少しすねる方が何十倍も可愛いですよ♪

 

 

そして付き合っていく内にだんだんと、

「相手を自分だけのものにしたい」

と、思うようになっていませんか?

 

好きな気持ちが高まるほど

「彼を他の誰にも渡したくない」

そう思ってしまいます。

 

これは、好きなあまり出る感情なので悪い考えではないですし、

お互いが理解していれば問題ありませんが、

間違えても相手の行動まで制限するのはNGです。

 

 

彼に対して、

「~しないで」「~には行かないで」など、

否定的な言葉が増えていたら注意してください。

 

気づかない内にそれは「可愛いヤキモチ」だけでなく、

「嫉妬」すらも超えて、「束縛」になってしまいます。

 

こうした束縛は、彼を檻の中に入れて

強制的に自分しか見れなくさせているだけ。

 

そんな関係望ましくないですよね。

 

 

彼が友達と飲み会やお出かけの時は、

 

「寂しいけれど行ってらっしゃい」

「楽しんでね。でも早く帰ってきてねっ!」

 

素直な思いを織り交ぜた一言だけで、

「心配してくれてるんだな、可愛いな」

と、自然といつも想ってしまう女性になれるのです。

 

そんな素敵な彼女なら彼だって、

他の女性がいたって見向きもしませんよ♪

 

 

恋愛中の彼への嫉妬…言葉ではうまく伝えられなくて苦しい時は!?

 

頭の中では素直になりたいけれど、

どうしてもうまく言葉になってくれない!

 

いざ正直に伝えようとすると、

パニックになって何も言えない・・・

 

思っている事を口にするのは、なかなか難しかったりもします。

 

そんな時は態度で示しましょう。

 

ヤキモチを焼いているとき、

あなたはどんな顔をしていますか?

 

眉間にシワ、寄りまくっていませんか?

 

 

ふとした時にヤキモチがふつふつ・・・

そんな時は頬を膨らまして「ぶー」です。

 

子どもが欲しいおもちゃを買ってもらえなくて

拗ねた時の「ぶー!」、ありますよね?

 

その子どもの顔を「憎らしい」とは誰も思いません。

 

そう、黙ってしかめっ面でプイッとへそを曲げるのではなく、

「今やきもちやいてまーす!!」

と、分かるようにあえて彼に向かってぷりぷり拗ねるのです。

 

 

接近してこんな愛らしい態度を取られたら、

彼だって「コイツ可愛いな」と思っちゃいます♪

 

「こんなに可愛くする余裕がない!」というくらい、

ヤキモキしているときは、その思いを全部込めて迷わず、

彼の胸に飛び込みましょう。

 

「苦しい」「その話してほしくない」

そんな気持ちが沢山こもったギューには、

彼にだって気づけることがあるのです。

 

言葉にしなくとも分かり会えるような、

理想の関係にも近づけますね。

 

 

さて、上手なヤキモチの伝え方もわかった所ですが、

本当は「伝える事」よりも「伝えた後」の方が、

大事だって知ってましたか?

 

「ヤキモチ」は、時間が経てば経つほど、

粘り気の出た「醜い嫉妬」になってしまいます。

 

いつまでも引きずったり、話をぶり返すのはやめましょう。

 

彼からの「ゴメンね」が聞けたら、

すぐに機嫌を直してあげましょうね。

 

 

まとめ

 

ヤキモチを焼いてしまう一番の理由は、

「彼の事が大好きだから」です。

 

「ヤキモチをやいた」事ではなく、

「大好きだから」という事を知ってもらえば彼も理解して、

より良い関係が築けるでしょう。

 

 

お互いにマイナスになるのではなく、

プラスを積み重ねて行けるよう二人になりたいですね♪

スポンサーリンク