スポンサーリンク

 

 

 

 

 

体育の日と聞けば、学校や仕事が休みになる、

 

祝日というイメージが強いかと思います。

 

 

実は、この体育の日は、これからは旧体育の日になります。

 

 

これは、オリンピックが関係しているのですが、

 

意外とこの関係性を知らない方も多いです。

 

 

そこで、オリンピックと体育の日の関係性について

 

詳しくご紹介していきます。

 

 

ぜひご覧ください。

 

 

 

体育の日は、お休みでうれしい!
体育の日ってなんで決まったの?

 

 

体育の日とは、運動が関係していそうな

 

祝日の名前ですが、まさにその由来が体育の日にはあります。

 

 

体育の日は、もともと10月10日だったのですが、

 

これは、1964年の東京オリンピックの開催日です。

 

 

これを記念して、「体育の日」という祝日が制定されました。

 

 

実際には、祝日は10月10日ではなく、

 

10月第2週の月曜日となっています。

 

 

これは、祝日を土日に近づける制度からきていますが、

 

厳密には10月10日になります。

 

 

祝日になるくらいに、東京オリンピックは

 

偉大なイベントであったということです。

 

 

余談ですが、夏のオリンピックのはずなのに、

 

10月は少し遅く感じます。

 

 

これはに、日本の梅雨が関係しています。

 

 

日本の夏は、梅雨前線が停滞しているため、

 

湿度が高く、ジメジメしている期間が長いため、

 

 

オリンピックの競技を、夏のど真ん中に実施することは、

 

厳しいということから、

 

 

真夏から少しずらした季節に、設定されたというわけです。

 

 

10月10日は、ほかの日よりも晴れやすい、

 

晴れの特異日となっています。

スポンサーリンク

 

 

特異日とは、それ以外の日の天気が荒れていて、

 

この日だけは、晴れる確率が高い日のことを言い、

 

 

一番晴れやすい日に、開催日を設定したということです。

 

 

体育の日には、色々な事情が含まれていたのですね。

 

 

 

体育の日は、スポーツの日に変更!?
オリンピックで祝日が変わる!

 

 

秋の風物詩である体育の日ですが、

 

2020年のオリンピック開催に合わせて、

 

日程が変わります。

 

 

先ほども紹介しましたが、

 

体育の日は、1964年のオリンピック開催を記念した

 

祝日です。

 

 

新しく行われるオリンピックに合わせて、

 

体育の日も移動になります。

 

 

また、体育の日の名前も、スポーツの日という名前に

 

変わります。

 

 

体育の日とは、なんだか少し堅苦しい名前ですが、

 

昔は、スポーツが学校の体育の枠組みを出なかったため、

 

体育の日となっていました。

 

 

最近では、色々なスポーツが、学外で楽しまれるように

 

なったことから、体育よりももっと広い枠組みになったとして、

 

「スポーツの日」という名前になります。

 

 

確かに、今では色々なスクールがありますし、

 

選択肢の幅も広がりました。

 

 

体育の日がスポーツの日になるのは、そういった時代背景も

 

隠れているというわけです。

 

 

まとめ

 

 

体育の日に限りませんが、祝日は休みになる日

 

という印象しかないことが多いですが、

 

 

体育の日は、もうすぐそこに迫っている、

 

東京オリンピックと深い関係がありました。

 

 

日本人として、「体育の日」、そして「スポーツの日」の由来

 

覚えておいた方がいいかもしれません。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク