スポンサーリンク

寒い季節になると気になる乾燥。

 

洗濯物の乾きは良いですが、

乾燥している状態は風邪もひきやすくなってしまいます。

できるなら湿度を保っておきたいところですよね。

 

そこで便利なのが加湿器です。

 

しかし、使い方が間違っていたり、

古いものを使っていると、

 

加湿器をつけて放っておいたらびっくり!

部屋が白くなってなんてこともあります。

 

加湿器の水の熱する温度が間違っている場合など原因は様々ですが、

加湿器を使う際には使い方や掃除に気を付ける必要があります。

 

加湿器にアロマオイルを使う場合の
適した量はどれくらい?

部屋の加湿をするついでにアロマを焚いておきたい、

そういう場合に便利なのが、

加湿器にアロマオイルを入れておく方法です。

 

ですが、アロマオイルの量を間違えてしまうと

加湿器に不具合がでしまったり、

最悪故障なんて場合もあります。

 

ですので、加湿器にアロマオイルを入れる際には

適切な量がどれくらいなのかを知っておく必要があるんです。

 

まず、通常の加湿器にアロマオイルを入れるのはやめましょう。

 

通常のものはアロマに対応していないため、

カビの原因になってしまったり不具合の原因になります。

 

問題ないだろう、大丈夫だろうと楽観視せず、

アロマ対応の加湿器を使ってくださいね。

 

アロマの適切な量ついてですが、

加湿器のタイプにもよりますが

スポンサーリンク

7滴前後がいいかと思います。

 

それくらいであれば入れすぎることもなく、

アロマを楽しむことができます。

 

使うアロマに関しても、

水溶性のものを使うことで水に溶けてくれるので、

しっかりアロマを部屋中に飛ばしてくれます。

 

これらに気を付ければ、

加湿しながらアロマを楽しむことができますので、

ぜひやってみてください。

 

知って納得!加湿器のフィルター掃除方法!
黄ばみや汚れの原因とは?

加湿器は毎日長い時間稼働していることが多いので、

どうしても汚れてきてしまいます。

 

加湿器の汚れを放置していると

蒸気と一緒に汚れも部屋全体に広がってしまいますので、

しっかり掃除しておく必要があります。

 

加湿器のフィルターを掃除する際には、

まずフィルター掃除用の洗剤を使います。

 

これは市販で売っていますので、

自分が好きな製品を購入しましょう。

その他に、バケツなどの大きな容器を一つと、

タオルを一枚用意します。

 

加湿器の掃除方法は意外と簡単です。

 

バケツに水をはり、そこに洗剤を適量入れます。

そしてその液体にフィルターを1時間程度つけておくだけです。

終わったらタオルで拭き乾燥させて終わります。

 

汚れをためないためにも、定期的に掃除をするのがおすすめです。

 

また、フィルターに黄ばみができる場合があります。

これは水の中に含まれている成分が沈着しているだけですので、

そこまで気にする必要がありません。

 

気になる場合はクエン酸の洗剤で落とすことができますので、試してみてください。

まとめ

部屋の加湿には欠かせない加湿器ですが、

しっかり掃除しないと汚れてしまいます。

 

綺麗な状態を維持しながら使うようにしましょう。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク