スポンサーリンク

お買い得だったから12個パックで買った卵。

 

あれ!賞味期限切れてる・・・

まだ4個もあるのに。

 

勿体無いけど捨てるしかないよね・・・

 

 

ちょっと待った!!

 

その卵、まだ食べられます!

 

卵って、野菜のように

まだ大丈夫なのかの見分け方も分からないし、

期限切れになったら食べない方が

良いイメージありますよね。

 

 

そんな不思議が多い卵ですが、

実は期限が過ぎても、

条件によっては食べる事が出来ます。

 

それは、

 

生で食べる場合は、賞味期限を過ぎたらNG

正しく保存してあり、完全に火を通して食べるなら

1週間くらいは過ぎても大丈夫

 

なんです。

 

そして安全に食べれるかの見分け方は、

 

  • 殻を割るとアンモニア臭のような異臭がする
  • 黄身が殻を割っただけでも崩れてしまう
  • 白身と黄身が混ざってしまう

 

です。

 

 

せっかく買った卵たちが

日の目を見ないまま、暗いゴミ箱へ・・・

 

なんて事がないように、

賞味期限が切れてしまっても加熱して

美味しく全部食べてあげましょう♪

 

 

卵の賞味期限に隠された意外な条件と常温保存の落とし穴!

スポンサーリンク

 

卵の賞味期限といえば約2週間ほどが多いですね。

 

買う時は「2週間もあれば使い切るかな」と、

つい多く入っているパックを買ってしまいます。

 

 

しかしなぜか、

「いつもある安心感」で意外と使わなかったりして、

 

気づいたら賞味期限が切れている事もしばしば・・・

 

 

2週間って、

長いようで意外と短いですよね。

 

ですが、この「パックに記載されている賞味期限」。

 

実は、「生で安全に食べられる期限」

だったってご存知でしたか?

 

 

パックの期限は、食品衛生法施行規則の改定により、

平成11年に賞味期限が義務化されましたが、

 

その際に、卵で食中毒になる原因の

「サルモネラ菌」が、繁殖されない期間として

制定されたものなのです。

 

 

このサルモネラ菌は賞味期限(約2週間)を

過ぎてしまうと繁殖しだしてしまう恐れがあるため、

 

「生で食べる」のならパックにある通りの

賞味期限を過ぎたらNGです。

 

 

しかし、サルモネラ菌は熱に弱く、

一定時間の加熱により菌が死滅するので、

 

(70℃で1分以上、他の食材と混ぜて使うなら75℃で1分以上)

 

火を通せば賞味期限が過ぎても

卵を食べて問題ありません。

 

70℃で1分以上の加熱方法は、

基本的な卵料理であればクリアできています。

 

 

ただ、半熟の煮玉子や半熟オムライスを作りたい時は、

中に火が通らないため使うのは避けましょう。

 

あくまでも、

「生の部分がない状態なら食べられる」のです。

 

 

同じ日に買った卵が大量に余っている時は、

 

オムレツやシフォンケーキなどの

1回の料理で大量に消費できるレシピを選ぶと

なお良いですね。

 

いるだけで安心感を与えてくれる卵は、

人間と同じで、いなくなってから

 

その大事さに気付きます。笑

 

 

そう、「ないとないで困る」んですよね。

 

だから賞味期限が切れても

加熱すれば食べられるなんて、

かなりありがたい話です。

 

ここで、注意したい事があります。

 

それは「保存方法」です。

 

 

いくつか条件がありますので

気をつけましょう!

 

 

殻にヒビのない状態で保存する

 

卵は殻が付いているから無菌状態が保てています。

 

殻にヒビなどが入ってしまうと、

そこから菌が侵入・増殖してしまいます。

 

 

サルモネラ菌は、5℃くらいの温度でも

繁殖する可能性があるため、

 

冷蔵庫で保管していたとしても

殻にヒビが入っているものは

使わないようにしましょう。

 

落としたりしてしまっていたら危険ゾーンですよ!

 

 

調理は直前にする

 

他の食材ではよく、

 

「賞味期限が近づいているから、

火を入れて調理し持ちを長くする」

 

方法がありますが、

卵には逆効果となってしまいます。

 

 

卵には「リゾチーム」という、

スポンサーリンク

菌の繁殖を防ぐ効果のある

酵素が含まれているのですが、

 

このリゾチームは熱を加えると、

菌への働きが弱まってしまうのため、

 

繁殖して腐りやすくなってしまいます。

 

 

卵は殻のままで保存しておいて、

賞味期限が過ぎてしまったら

 

調理は食べる直前にするようにしましょう!

 

 

10℃以下での保存がより長期保存できる

 

温度は常温保存でも冬場は問題ありませんが、

サルモネラ菌の発育温度は10℃以上、

特に20℃以上になってしまうと

よく増殖すると言われています。

 

冷蔵庫など、常に涼しい所で

保存しておくのがオススメです。

 

 

水気はよく取ってから保存

 

卵の殻には目に見えない

無数の小さな穴が空いています。

 

殻に水気があるとその小さな穴から

菌が繁殖してしまい、

 

中に入ってしまう恐れもあるので

注意してください。

 

 

この条件をちゃんと満たしていれば

なんと、約1ヶ月は加熱をして

食べる事が出来るのです!

 

(パックされてから1ヶ月なので、

賞味期限が切れてからだと約2週間ほど)

 

今まで使いきれず

捨ててしまっていたアナタも、

これなら最後まで捨てる事なく卵を使えますよね♪

 

 

卵の賞味期限が切れた…捨てる際の目安を知って食中毒を回避!

 

いくら熱を入れたら食べられるとはいえ、

 

さすがに買って1ヶ月の卵を口にするのは

「確実に安全」とは言い切れません。

 

長くても賞味期限が来てから1週間くらいを

目安にしておくと良いでしょう。

 

 

また、1週間以内であったとしても

保存方法がちゃんとしていなかったりすると

サルモネラ菌は繁殖されてしまっています。

 

このサルモネラ菌での食中毒の主な症状は、

嘔吐や下痢、腹痛に高熱などが現れます。

 

発症は口に含んでから4~48時間程度です。

 

 

これを聞くと、

「きちんと保存出来るか不安だから

やっぱり捨てようかな」

と思ってしまいますよね。

 

 

そんな時は、一度卵を割って

簡単な「まだ大丈夫かなチェック」をしてみましょう!

 

  • 殻を割るとアンモニア臭のような異臭がする
  • 黄身が殻を割っただけでも崩れてしまう
  • 白身と黄身が混ざってしまう

 

こちらに一つでも当てはまる場合は、

卵が「腐っている」「古くなっている」

可能性が高いです。

 

使うのはやめましょう。

腐ってからでは加熱しても意味はありません。

 

 

賞味期限が切れてしまった時点で、

必ず割って確認してから

使うか判断しましょうね!

 

このような現象が無いようであれば

加熱し美味しく食べられますのでご安心を♪

 

 

まとめ

 

一番は、

賞味期限内に使い切る事ですが

四六時中卵の事だけを

考えている訳にもいきませんよね。

 

 

「あ、賞味期限切れちゃってる」と

気づいた時点でまず、

1週間が経過していないかをチェック。

 

大丈夫であれば

殻が割れていないか確認して、

今週の献立に卵をプラスしてあげましょう。

 

 

調理する時に卵を割って

悪臭や、黄身が崩れる感じが無ければ

問題ありません。

 

卵は栄養価の高い食べ物ですので、

賞味期限が切れてしまっても

 

捨ててしまう前に、

少しのチェックで

美味しく使い切ってあげたいですね♪

スポンサーリンク