スポンサーリンク

 

 

 

ローストポークなどの肉料理は、

日本ではしょっぱいソースが狩猟ではありますが、

洋食店では甘酸っぱいソースもよく使われています。

 

ひとつおすすめなのがリンゴジャムを使ったソースです。

リンゴの甘みと酸味が肉とマッチしてとてもおいしいです。

 

今回はこのようなローストポークのソースをいくつか解説していきたいと思います。

ぜひご覧になってください。

 

ローストポーク、赤ワインのソースも美味しい!

ソースでほかにお勧めなものは赤ワインのソースです。

 

赤ワインのソースは子供向けではありませんが、

赤ワインの風味がお肉に合うのでとてもおいしいです。

 

また、赤ワインのソースのいいところとしては

お酒のおつまみにもなりやすい点ですね。

 

これはお酒を使っているソース全般に言えることでもありますが、

味わいがお酒っぽくもなり香りも複雑になりますので、

お酒に合いやすいものになります。

 

赤ワインのソースを使っている場合は、

同じように赤ワインを飲んでもいいですし、

そうでなくてもワイン系のお酒はぴったりですね。

 

ぜひ試してみてください。

 

スポンサーリンク

ローストポークソース、バルサミコ酢なら
赤ワインと合わせて美味しいソースに!

赤ワインを使ったソースはそのままでもいいですが、

バルサミコ酢を加えることによってさらに味わいが変わってきます。

 

赤ワインのソースは少し濃いめのことが多いですが、

バルサミコ酢を加えることであっさりした味わいになります。

 

お酒の風味が強すぎる場合でもバルサミコ酢を加えることで、

口当たりがマイルドになっておいしく食べられるんです。

 

作り方も難しくありませんし、

ソースはかけずにつけるタイプにしていくつか作っておいて、

ディップ形式にするとソースも色んな種類を楽しむことができます。

 

ソースも工夫しておしゃれな食卓を作ってみましょう!

 

まとめ

ローストポークはそれ自体だけでなく、ソースも楽しめる料理です。

 

ローストポークは焼いている時間が長いため、

その間にソースつくりをしておくことで、

時間の効率も上がります。

 

また、赤ワインやリンゴ、バルサミコ酢など様々な味のソースを用意することで、

ローストポークという一つの肉料理の楽しみ方が増えていくのも楽しいですね。

 

今回紹介したソースは洋風のものが多いですが、

もちろん和風のソースも合いますので、

食卓に並ぶほかの料理に合わせてソースを作ってみるといいと思います。

 

ローストポークを色んな味わいで楽しみましょう。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク