スポンサーリンク

人類の敵と

言っても過言でない

驚異の

新型コロナウィルス。

 

 

新型コロナウィルスを

研究している、

東京大学の河岡義裕教授らは

 

ネコ同士間でも

感染するという

事実を、

 

513日付の

アメリカの医学誌の電子版に

発表しました。

 

それで考えられることは、

今は外でもし猫を

見かけたとしても、

 

むやみに構ってはいけない

ということですね。

 

そして勿論、

ネコをペットとして

飼っている

人には、

 

なかなか

注意が向く

発表なのでは

ないでしょうか。

 

 

飼い猫と

飼い主との

コロナ予防のため、

 

出来ることをまとめたので

宜しくお願いします。

 

 

ネコを預けるときはキャリーケースなども消毒

やむにやまれず、

ネコを預けるときも

あるかと思います。

 

 

その際に、飼い猫を

キャリーケースに入れて

持っていくことと

なると思いますが、

 

 

ネコを入れる前に、

そのキャリーケースは

アルコールなどで

しっかりと、

 

消毒作業を

してあげましょう。

 

 

それで、

アルコールが

完全に乾いたら、

ネコを

収納するように

しましょう。

 

 

濡れている状態だと、

菌が繁殖すると

言われています。

 

 

アルコールは

蒸発しやすく

乾きやすいという

面が勿論ありますが

念には念を入れて、

 

 

乾いている

事を確認してから

キャリーケースを

使用するように

しましょう。

 

 

飼い猫を預けるときは濃厚接触者でない方に依頼

勿論言うまでもないのかも

しれませんが、

 

飼い猫を

預けるときは、

 

新型コロナウィルスの

濃厚接触者では

ない方にお願いを

しましょう。

 

 

また、可能であれば、

飼い猫は預け先の

キャリーへ

移し替えて、

スポンサーリンク

 

預かってもらった方が

いいです。

 

移し替えるのが

難しい場合、

交換ができない場合は、

アルコールを使用して

消毒をしましょう。

 

 

また預かる側も、

マスクと手袋、

エプロンとメガネを

装着をお願いしましょう。

 

《飼い主宅に出向いてもらい預ける場合》

なるべく2人で出向いて

いただきます。

 

1人はメガネ、

エプロン、

手袋、

ガウンを

着用してもらいます。

(これらはのちに破棄します)

 

 

それで飼い猫を預け先の

キャリーへ入れて、

 

外に出たらもう一人が

破棄する脱衣のアシストをし、

 

着ていたものは

破棄して

いただき、

それが汚染防止になります。

 

 

ネコをシャンプーする時は屋外が理想で防護服を着用出来れば尚OK

さすがに

「防護服なんて持っていない!」

という声が

聞こえてきそうです…。

 

 

でも安心してください。

 

防護服があればそれが

一番ではあるのですが、

 

 

マスクを着用

ゴム手袋を着用

メガネを着用

エプロンを着用

これらを着用するだけでも

良いのです。

 

 

何というか、

食品工場で働く人の

ような

恰好が出来ればいい、

というイメージですね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

飼い猫を預けるのも

なかなかいつもよりかは

大変ではありますが、

 

この状況では

やるしかなさそうです。

 

ここまで読んでくださり、

本当にありがとうございました!

ネコ同士の感染!飼い猫を守るために知りたい3つの事

ネコ同士感染を確認!飼い猫を守るためにすべき3つの事

ネコ同士の感染を防ぐ…猫のためにしてはいけない3つの事

ネコ同士の防疫のために心がけたい3つのポイント!

スポンサーリンク